花畑牧場と同じようなキャラメルが作れます

森永のキャラメルって有名ですけど、でも自分で作るともっと美味しいですよ。自作だと名前が「生キャラメル」になっちゃいます。
北海道の田中義武さんの牧場の生キャラメルが脅しにあって一気に生キャラメルが有名になりましたが、自分で作っても同じような味は再現できます。さすがにネームバリューには負けますが、実際に作ってみると味は大差ありません。
一度、自作を試して生キャラメルを味わってみてください。結構簡単なので驚くくらいですよ。

キャラメルの作り方

材料:
・グラニュー糖 200g
・牛乳 150cc
・グラニュー糖 120g
・ハチミツ 10g
・水飴 10g
・バター 20g

作り方
1.バターを容器に入れて電子レンジで15秒ほどあたためておきます。常温のところに20〜30分出しておくのでも大丈夫です。 2. 高温でグラニュー糖を溶かすためしっかりとした耐熱鍋にグラニュー糖・生クリーム・水飴・ハチミツをいれて中火で溶かしていきます。鍋が少し温まってきたら軟らかくしたバターを加えて少し色が付くまで弱火にして煮詰めていきます。 3. キャラメルが110〜120℃まであがって滑らかになったら火を止めて濡れふきんなどの上において荒熱を取っていきます。 4.バットやボウルなどの金属製の容器に均等な暑さになるように移し替えて、45〜60分冷蔵庫などの冷所で冷やします。 5. 容器から出したキャラメルと好きな大きさに切って完成です。冷やすときに使う容器を自分の好みの形の容器にすると星型やハート型など色々な形のキャラメルを作ることができますが、厚みがあるキャラメルだと冷やして固まるまでの時間が長くかかりますので注意が必要です。

スポンサードリンク